山桜

山桜経年比較 BELKA

木製品として適度な硬さと重さで、反りや曲がりが少なく、木肌は緻密でなめらかな光沢を放ちます。

国産材の中では最もおすすめの材です。

 

色味に関しては個体差が大きく、淡い褐色のものから若干緑がかったものまで様々です。

いずれも使い込むうちに深みがある濃い褐色に変化していきます。

 

写真左のように白太(辺材)と言われる部分が入ることが多々あります。

写真右は製品(うつわ)にして1年ほど経過した山桜。これから更に濃くなっていきます。

ベルカでは長野県産山桜を丸太から買い付け、製材・乾燥までを一貫して管理しています。

※写真は加工したてのサンプル板です。経年変化で色味が変わります。

※有料にてサンプル板をお送りすることもできます。ご希望の方はこちらまでお問い合わせください。

※上記掲載写真を含め、このウェブサイトに掲載されている著作物(文章、写真、動画等)の一切はBELKAが著作権を有するものです。許可無く、掲載内容の一部およびすべてを転用、複製、転載することは法律で禁止されています。